2018年5月14日月曜日

セレクション情報【JFAアカデミー】2019年入校選考試験の出願案内について

【JFAアカデミー】2019年入校選考試験の出願案内について http://www.jfa.jp/youth_development/jfa_academy/application.html
女子は福島(静岡県)・堺(大阪府)・今治(愛媛県)の3校で募集

早いものでJFAアカデミーの情報が発表されましたね、
8月までにトレセンに入れれば有利になるようです

トレセンいがいの選手で受験を考えている方々は狭き門なので、身体能力のトレーニングとリフティングは最低で50回正確に出来るようにすることと、歩きながらのリフティングも出きるようにしておきましょう。ボールコントロールが身につきます
テストとは直接関係なくても、東京トレセンなどに合格している選手は出来て当たり前の世界なので!試合では関係ないとか出来なくても良いと言う人も大勢いますが、出来て当たり前にしないと、強豪クラブチームには受かりずらいと考えておいた方が良いでしょうね。メニーナやセリアスなどアップでリフティングでボール交換などもやっていますよ、
出来ない選手は出きるように、とにかく練習しましょう。

片足の利き足リフティングの方が実践にも役立つ、軸足が強くなる。利き足のテクニックが安定する、体が開かないなどと言われてはいますし、南米系の指導者は利き足のリフティングを進めている方が多いようです、両足リフティングは意味がないサッカーにとってそれほど重要な練習ではないと言う方々がいますが、それも正論だと思いますが、日本のセレクションやトレセンでは歩きながらのリフティングなどもやるセレクションもあったり、リフティング中のバランスを見ていたりするので、両足でも出来た方が良いと思います、もちろん利き足だけでも出来た方が良いです。
何でもかんでも意味がないと限定するのは良くないと思います

スプリント、サッカーレッスンをします↓(喜びの声) 
===============================================
★球技専用スプリントレッスン,個人、少人数レッスン生募集★
基礎からスタートするので徒競走のかけっこにも対応しています

誰にも負けないスピードを身につけよう、
その走りは球技に生かせていますか?
手はグーが良いのか?パーが良いのか?

気楽にご相談ください
サッカーコーチが教えるためサッカーのアドバイスもします、
アカデミーや浦和レッズなど身体能力テストがあるクラブを
受験する選手にはピッタリです。
アカデミーや浦和レッズレディースに受かった選手もいます

1回で終わる選手と継続する選手とではやることは違います
球技専用スプリントレッスンは1時間
スプリントレッスン+サッカーレッスンは1時間20分~30
「素早い一歩目二歩の踏みだしで、
相手DF(ディフェンス)を置き去りにできる!」
「瞬間的にスピードを上げられる!」
「相手の速いドリブルも、
しっかりDF(ディフェンス)できる!」
「方向転換のスピードが上がり、
ディフェンス力、オフェンス力がアップする!」
小5の例だと4回で
20メートル
4.15→3.76までタイムを縮めています
チューブを使うことはありますが、
筋力系の練習はおこなっていません

申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声) 
kitasaneiichi@gmail.com
メールのうち間違いに注意してください、メールをしても戻ってくる方がいます、設定を変えてください。こちらが読めても返信できないと意味がないですGメールを受け取れるようにしてくださいね
人間性を大事にしています。関東を出る場合は女子選手が優先です

認定かけっこアドバイザー
球技専門スプリントコーチ
日本サッカー協会公認指導者
今月、SAQインストラクター講習会へ行って来ます
喜多山

0 件のコメント:

コメントを投稿