2018年10月13日土曜日

全国高校サッカー選手権大会、東京都2次予選、暁星VS大成、駒澤大高VS南葛飾

よいよ今年も全国高校サッカー選手権、東京都予選も2次トーナメントがはじまりましたね、サッカーの聖地西が丘でプレーできるのはどの学校か!そしてそこを飛び越えて決勝の駒沢へ進むのはどこになるのかな?
駒澤大高VS都立南葛飾、6-0で駒澤大高の勝利、ん~やっぱり強いね、相変わらずパワフルだしボールは奪われないし、深さ幅もうまく使っていたし南葛飾に好きにやらせてませんでした、南葛飾も2,3回チャンスはありましたが、シュートまで持って行けてませんでした、都立高校はだいぶ力をつけてきていますが、、まだまだシード高校にはかなわないのかな~、守ってカウンターをやろうとしても、個々の能力の違いで追いつかれてしまうし、ベルギーのような早いカウンターは本当にむずかしいのだな~と感じます。
そう言えばこの日も都立応援おじさんが来てました、あの人は都立ならどこでも応援に来るみたいですね、生徒達には認知されているようで普通に並んで応援してますね
何やってる人なんだろー?
暁星VS大成、0-1で大成の勝利、白熱した試合でしたが、なんだかバンバン蹴りあい、ヘディング合戦みたいな感じも多く、内容としてはどうなんだろーと感じる部分もありましたが、暁星の選手は足がつる選手が数名いたので、大成に走りまわされたのでしょう。
暁星は2次予選には来るものの昔に比べたら、上手さがなくなって来ているかな~
ま~相手が違ったらどうなっていたかは解りませんが。
小学校からほぼ同じメンバーでやってきている学校でここまで戦える学校は他にはないので、私立のセレクションをやっている学校を倒してほしいな~とゆう気持ちもあります。
大成もセレクションをやり始めて、ここ数年レベルアップしてますよね
なにわともわれ、本当に高校サッカーは人気ありますね。

今回も観戦していて感じたのは余計なフェイントやテクニックを見せている選手はほぼいなかったです、やはりトラップパス、動き出し、切り返しなどが大切だと思います、トラップにしても、もらい方などが大切です
それと身体のぶつけ方が上手くない選手もいましたね、僕のレッスンでは身体のぶつけ方も勉強しますよ、押されても倒れないためにはどうしたら良いか?など体幹ではなく別のものを意識したトレーニングをします。関東大学女子サッカーリーグで活躍している選手にも通用したので、だれでも通用すると思います。不思議なことがおこりますよ
スピードUPプ+ボディーワークで動きやすい身体を作ります。
絶対の自信を持っているトレーニングです
是非、御連絡ください
お問い合わせ
kitasaneiichi@gmail.com
============================
サッカー、かけっこ、球技専用スプリント
ボディーワークレッスンをおこないます、サッカーもボールを奪われずに運ぶ方法などもレッスンします。
ストレッチやボディーワークで怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることもできます!世界に通用する動き作りの育成をします

球技専用の短い距離だけでなく50mのレッスンも任せてください、
運動会、体育際に最適です
チームでの依頼もお任せください

中2女子の母親から
コーチのご指導はどれもまちがいなく女子サッカーをやる子供にとって
とても有益で、すごい力になっていると思うので、もっとたくさんの方々に伝わるように心から応援しています

とのことで嬉しいです。もっと広めてください(^_^)

レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声)
プロフィール 
kitasaneiichi@gmail.com
ラインIDkitasaneiich
メールは夜10時30ぐらいできります

2018年10月7日日曜日

走力UPが出来る、反応が良くなる、サッカー、スプリント、かけっこレッスン、その他

世田谷、小2男子
ボディーコントロール体操、20メートル走計測、スプリントドリル、重心の運び方、スタート方法など,20メートル計測、4.41⇨4.27になりました。相手からボールを離しながら、隠しながらのターンやドリブル、腕でのブロック方法や足から離れないドリブル、強いキックの方法、強く蹴るためのボディーワーク、怪我予防と足が速くなるストレッチなどで終了です、次回はストレッチに加えて速くなるボディーワークもやる予定です。
スピードUPも出来たし喜んでくれたようで良かったです。
ここ1,2ヶ月いろいろありましたが、、僕が教えることで喜んでくれる選手がいるのは嬉しいし、また気持ちが上がってきました。多くの選手に自信を持たせてあげたいです。夢を持たせてあげたいです、新しい理論も紹介しますのでどんどん依頼してほしいです
今月には認定スプリントコーチにも挑戦しますので、今まで以上に走りに関してはレベルアップすると思います。スプリント、かけっこ、サッカーを通じて、自身を成長させる喜びや自分に対する自信を持てるようになると信じています。

夏にレッスンした中2男子の経過
あれから夏はスタメンで出られるようになりました。
左サイドバックから得点も決めた試合もあります。ただまだまだ油断は禁物です

うれしいですね、高崎まで行かせていただいて良かったです
20メートルも速くなったし、自信をもってプレーが出来ているのだと思います

1月~7月までレッスンを月1ぐらいでやっていた小3男子の運動会徒競走の結果をきいたら6人中6位だったそうです、ピーキングが合わなかったのかもしれません。
6月ぐらいまではリレー選手選抜テストでも上位に食い込んだらしいし、走力はUPできていたはず、運動会のためだけにやっている訳ではありませんが、こうゆうことを減らして行くために、本当に走力UPができるように僕自身ももっと勉強していきます。
こうゆう選手もいるので、レッスンは、なるべく月2,3でやるのをお勧めします。
遅くなる選手の原因はいくつかあります、「自主練習をしていなかった、逆にやりすぎてバネがなくなった、練習したことを忘れてしまった、親御さんや他の方からのプレッシャーがきつい、ピークが合わなかった。怪我をしている、どこかを痛めている」など考えられます走りはメンタルが重要になりますので。
足が速くなるストレッチなどを必ずやることにしているので、
自主練習でやってほしいです。

お世話になっている、プロスプリントコーチにきいた話では「多いのはスタートからの流れが作れなかったのだと思います。練習では一人で走れても本番6人いるとなかなか競いなれていないと失敗することもありますね」とのことでした。
やはりメンタルですね。サッカーをやっていれば毎回競っているとは思いますが、やはり陸上とサッカーとでは走りが違いますね

練習方法などをビデオ撮影をする方もいますが、大切なのは練習方法ではなくて内容です。まずはその場で覚える気持ちを持った方がよいです、その補足でビデオを録ることを考えれば良いと思います。
録画して練習方法を知っていても、やらなければ意味がありません。
サッカーをやっていれば速くなると思うかもしれませんが、間違ったやりかたをすれば遅くなります、数年前にレッスンをした選手の中にもいましたよ、親御さんに久しぶりにきいたら、遅くなりましたとのことでした。
今回のようなことで諦めてしまう親御さんは多いですが、諦めてしまっては、そこで試合終了です、焦らず新たな目標や目的を作り、登って行ってほしいです
とくに小学生はまだ先があり、どこで能力が開花するか解りません。悔しい結果となった子は次に向けて新たな気持ちでスタートをきって欲しいです

中2女子の母親から
コーチのご指導はどれもまちがいなく女子サッカーをやる子供にとって
とても有益で、すごい力になっていると思うので、もっとたくさんの方々に伝わるように心から応援しています

とのことで嬉しいです。もっと広めてください(^_^)

正直僕には日本一などの圧倒的な競技実績、経験はありませんが、
育成には自信があります。ピークの持っていき方などもお話をします

先日、神奈川のサッカークラブにかけっこ教室の打ち合わせに行って来ましたが、これからは団体のレッスンも視野にいれていきます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小6男子が走りつずけると体力がもたなく力が入らなくなると言っていたので、体が硬いのが原因じゃないか?ストレッチを毎日やってみたらと助言しました、その後、オスグッドで治療していた病院で足全体の裏が特に固いのも原因と言われたそうです、やっぱり硬いのが原因じゃんと思った、もっと数回レッスンをやっていてくれてれば予防できたんじゃないか?と思うと悔しいです。1回だけでも、もっとストレッチやボディーワークを教えてあげたかったです
硬いと悪影響になると言う話をどこかで読んだな~と思い、思い出しました!僕の大好きな漫画「オフサイド」です、11巻ぐらいかな国体選抜合宿の時、熊谷五郎君がミュラーに蹴られてお前は固すぎるから柔軟体操をしていろと言われて、最終日に日比野の長男に
重心の高さのことを指摘されて、その後動きがよくなったシーンを思い出し
もう1度読み直しました、相撲のまた割りなどの柔軟性について、昔から言われていたんですね、あの頃から柔軟性について書いてあったオフサイドはすごいですね~
よく調べたな~と思いました、もう20年~30年前の漫ですよ

塀内夏子先生とはメル友なので少しお話をききましたが、「当時どこで仕入れた知識かどうか忘れたけど中学の頃とか、すごく運動神経のいい子がいて、すごく身体が柔らかかった。骨盤が違うんだよね。骨盤や関節が柔軟だと稼働域が大きくなるし何より自身の肉体を守れるんだよね、しなやかな方が転んでも受け身を取れるとのことでした。今イチローなどの柔軟性が注目されていますが、今にはじまったことではなく、30年ぐらい前から言われていることだと言っておきたいね。それなのに今は固めなさいドローインしなさいなどの間逆なことがはやっていますよね??
あと、筋トレなどの理論も変わってきてますね、少し前には筋肉を作るには筋トレをやってからジョギングをしないと駄目と言われていましたが、今は逆になっているようです
脂肪を燃やすには筋トレ→ジョギングをしたほうが良いそうです。
ミュラーにふざけるな!と怒られてますよね。オフサイドにはメディシングボールでの筋トレ練習や簡単な戦い方(戦略)の話がのっていて、30年ぐらい前からこのことに着目していている漫画はなかったと思います、30年ぐらい前から言われているのに、今はあれは駄目、これは駄目の時代になりましたね
=============================
夢を叶えるサッカー、かけっこ、球技専用スプリント、
ボディーワークレッスンをおこないます、走力UPは任せてください
最適なトレーニングを提案させていただきます!
うまく結果に繋がらない選手は僕を呼んでくださいね、正しい努力の方法を伝えます。
セレクション前などにもどうぞ!!
正直僕には日本一などの圧倒的な競技実績、経験はありませんが、
育成には自信があります。

ストレッチやボディーワークで怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることもできます!世界に通用する動き作りの育成をします
現状を超える今より速く走るためのレッスン!
瞬間的スピード、徒競走のスピードを上げる!
なるべくやる気がある上で連絡してくださいね。、もちろん疑問質問は受け付けます
1人でやっているため返事などが遅れてしまう場合がありますので
ご理解いただきたいと思います。

サッカー、かけっこ、スプリント、ボディーワーク、
女子専門スプリントスクールFCプルメリアの御連絡も下のフォームで
レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声) 
kitasaneiichi@gmail.com
ラインIDkitasaneiich
メールは夜10時30ぐらいできります
球技専門スプリントの短い距離だけでなく
50m用の練習も出来ます。

2018年10月2日火曜日

常識を打ち破るー究極のトレーニング、真実はここにある!(少し追加)

常識を打ち破るー究極のトレーニングをやる上で面白い本や人物を紹介します
いろんな理論、誰を信じますか!のページでもいろんな方を紹介していますが。
今回は真実を話している方や本を紹介しますし、ここはここの真似をしているんじゃないか?とゆうのも解き明かしていきたいと思っています

美尻トレーナー岡部友
アメリカのCSCSなどのトレーナ資格を本場アメリカできちんと取得された方です
女性向けの本かと思い読んでみると、そうでもない、トレーナーになり人やダイエットなどをしたい人に向けても真実のことが書いてあります。
「1つ目はトレーナーの質に差がありすぎること、2つ目はその質を見抜けずトレーナーの知識を信じきってしまうお客様が多いこと。」
「インスタ映えが目的になっている人、「いいね」されるためのトレーニングはつずかない。」「トレーナーを目指す人は思いの部分に確固たる信念がないと駄目、最終的には自分自身が自分のトレーナーになるつもりで自走できる力をつけてほしい」
僕も自分のトレーナーになるつもりで活動しているので、すごく解ります
「借り物の部分だけを磨いていても、一向に魂は磨かれない」とも書いてありました
クロスフィットとボディーメイクは別物とはっきりと言っています、お腹に巻くベルト、EMSベルトなどは意味がないことも正直に書かれています、よくCMでロナウドがやったりしていますが、表面上しか鍛えられず意味がないそうですよ。
とても正直にいろんなことを語っているので読み応えがありました。世の中多くのトレーニングありますが、嘘や流行に流される方々が多いのだと思います

体育学部出身とゆうだけで指導者資格を持たずに教えている人もいますね、でもこれは経験と実績を積んでいけば、AYAみたいなカリスマトレーナーにもなれるのかもしれない。

スタンフォード式疲れない体
これも、すごいお勧めの本です、今まで日本で教わってきた疲労回復やトレーニングの概念が変わります。アメリカではこのようにやっているのか~とゆうことが解ります。日本ではドローインをやってお腹をへっこめて、鍛えるのはが多いですが、スタンフォードではお腹を膨らませて膨らませたまま息を吐くことが当たり前のようになっていて、疲労回復や腰痛やコンディション作りに使われているようです、日本ではドローインでフィジカルを鍛えることが多いですが、これはもう古いのです。何かしら勉強されている方はドローインで体幹を鍛えることはしません。ドローインをやると弱くなるからです。
球技やコンタクトスポーツは胴回りを固める体幹ではなく、この本にも書いてありますがファンクショナルトレーニングがお勧めです、あとはイチローも言っている柔軟性、柔らか差が長くスポーツをやる秘訣になるのだと感じます。
強さ=柔らかさ
元巨人の走り屋の鈴木選手も筋肉を鍛えすぎて筋肉のバランスが悪くなったと言っていました、そして、体幹ではなく別のことを意識したトレーニングをやり始めて、代走に成功して行ったそうです。最近の僕のレッスンでやっているようなことです
でも、プロ選手はいままでの貯金がありますから、すべて真似すれば良いとゆうわけではないと思いますよ。

柔らかさで思い出しましたが、ゆるトレ高岡理論やストレッチの松村理論がありますが、よ~く見てみると考え方などが似ています、たぶん松村理論は高岡理論を真似ている、ヒントにしている可能性がありますね。どちらにもイチローの話が出ています、イチローが話していたチーターの話も出てきます。柔らかさの原点は高岡理論と言っても間違いがないかもしれません、または初動付加理論かな~、でもこういった理論はにはみんな同じ選手の名前しか出てこないので、正直効果がある人と無い人がいるんだと思います。
筋肉をつける必要がないと言う方々はいますが、大学生やプロ野球選手や大人の人は今までの貯金がありますから、とくに鍛えなくても、可動域を広げるだけで大丈夫なのかもしれませんね。、僕は両方の理論を知っています、両方とも効果はあると思いますが、まずはストレッチで身体を柔らかくして血流をよくする事が1番大切なことなのかもしれません、そして、身体のある部分を柔らかくすることで、動きも変わっていきますよ
今、研究中ですが確かなものになってます。、これは小学生でも中学生でもできると思いますよ、キック力も上がります、岡部友さんも言っていますが知識が浅い人同士でなんとなくトレーニングしても良い結果はでません。
つずきはレッスンで!
レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
20メートル走、レッスン最速記録、3,38(中2女子)、この記録を破る選手は出てくるかな~この記録もある部分を鍛え柔らかくすることで出ました、今はもっと速く出来るかもしれません。1回30分~40分の練習で速くなっている選手は多いです。
出来れば月1ではなく月数回やるのをお勧めします、
あるストレッチをやっていたら、少し背が高くなったように感じます、こうゆうのも教えますよ、でも全てに通じることは1回で成果はでません、数ヶ月つずけないと成果はでませんよ。短くても1ヶ月つずけましょう、とくに身体を変えるボディーワーク系はね!
でも、足を速くしたり動きを良くする僕のレッスンでは、すぐに成果が出ています
今度、まだ日本には6名しかいない認定スプリントコーチの資格に挑戦する予定です、1回目からプロ走でオリンピック選手をはじめとしたトップ選手や、Jリーグ・プロ野球選手・ラグビー日本代表など競技を越えて数多くのアスリートを指導している荒川さんに、お誘いを受けていましたが、行けませんでした、今回よいよ挑戦をする予定です
SAQと時期が被るので、迷いはありますが、荒川さんとは親しくさせていただいてますし、メールでアドバイスをいただいたりすることもありますので。優先をすると思います

============================
サッカー、かけっこ、球技専用スプリント
ボディーワークレッスンをおこないます
ストレッチやボディーワークで怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることもできます!世界に通用する動き作りの育成をします

球技専用の短い距離だけでなく50mのレッスンも任せてください
チームでの依頼もお任せください

レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声)
プロフィール 
kitasaneiichi@gmail.com
ラインIDkitasaneiich
メールは夜10時30ぐらいできります
球技専門スプリントの短い距離だけでなく
50m用の練習も出来ます。
スピード、クイックネスについてしっかりレッスンします
球技にかかわる選手に向けては
陸上のコーチが教えるものとは違いますよ
速い選手もコツをつかみ努力しだいで速くなります
かけっこ、スプリントのみの場合は指導料は安くなります
怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることも出来ます!

2018年9月30日日曜日

2018年(平成30年)平成最後の成立際

 母校、成立学園の成立際へ行ってきました、最近、嫌なことや精神的に疲れることがあったので、原点の高校に行き少し見つめ直すことにしました(^_^)平成最後だしね。赤スポでは皇后杯関東の決勝もありますし丁度いいです
雨のせいか、それほどこんでませんでしたが、後輩達の活躍を見て、自分も頑張らなきゃな~、やらなきゃな~と思う事ができて、少し見つめ直すことができました。
阪神タイガース、板山君、巨人、谷岡君、柏レイソル現在は横浜マリノスの大津君、フットサル日本女子代表、フウガ墨田の勝俣さん、ベレーザの土光さんなどのユニホームが飾ってあります。僕は1年の頃サッカー部にいたことはあるのですが、その後は陸上部なので陸上部の部活紹介にも注目して見てしまいますが、都大会にも出たりとだいぶ強くなっているようです。陸上部に入りながらサッカーはクラブチームで活動していました。
今の成立学園サッカー部はAチームに入るにはセレクションがあるようですね、でも一般でもサッカー部に入れるようです。女子はセレクションはないようです
 阪神ファンの僕としては阪神のユニが飾ってあるのは嬉しいですね、高校には夢を持って入学してくる生徒が沢山いると思うのだけど、いざ高校生になってみると夢と現実の厳しさが解って行き、夢を叶えられる人は少数だと思います、なので高校時代はきっかけやチャンスを見つけて、いろいろ挑戦してほしいと思います、そして、その後の人生につながるものを見つけてほしいと思います。高校で活躍できなくても大学で活躍してプロの世界に入っている者もいます。もちろん違う職業につく人もいます。僕らの高校時代は夢を見て入学しても遊びに走ってしまったり、不良になってしまう生徒も多かったので環境が今とは全然違います、先生も凶暴だったしね。
女子サッカー部の紹介コーナーでは3人のOGが紹介されていました
先日、栃木でドタキャンにあったことをプロ走で有名な荒川さんに話したら、荒川さんも昔はドタキャンがあったそうです、きっとその頃はその程度の価値としてしか見られていなかったのでしょう。と言われていました、技術と価値を上げることが大切ですね、夢を叶えてあげられるように僕も頑張ります
============================
サッカー、かけっこ、球技専用スプリント、球技に役立つ瞬間的スピード走法
ボディーワークレッスンをおこないます

ストレッチやボディーワークで怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることもできます!世界に通用する動き作りの育成をします
現状を超える今より速く走るためのレッスン!瞬間的スピードを上げることが出来る!
もちろんサッカーのレッスンもあります。

レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声) 
プロフィール
kitasaneiichi@gmail.com
ラインIDkitasaneiich
ラインの方はなるべくメールアドレスも書いておいてください
メールは夜10時30ぐらいできります
球技専門スプリントの短い距離だけでなく
50m用の練習も出来ます。
スピード、クイックネスについてしっかりレッスンします
球技にかかわる選手に向けては
陸上のコーチが教えるものとは違いますよ


2018年9月29日土曜日

皇后杯全日本女子サッカー関東大会、決勝、日テレメニーナVS早稲田大学

皇后杯関東大会、決勝、日テレメニーナVS早稲田大学、1-2で早稲田の優勝、2年連続同一カードになりましたが今年も早稲田の優勝で終わりました。2位がメニーナ、やっぱり早稲田は強いな!3位が神奈川大と大東文化大かな、日体、ジェフ、帝京平成大が本戦出るようです。相変わらず関東は出場数が多いなー、今年は東京開催なので決勝は赤スポでした、とにかく今年の関東大会は雨が多かったです
昨年は保土ヶ谷でしたね。昨年の↓
http://eiichikitayama.blogspot.com/2017/09/blog-post_30.html
メニーナーの男性監督は相変わらずアクションが多きくて、うるさいよね、もう少しどっしりと構えていればいいのに。審判に文句言ったりするんだからさー、寺谷さんの時はそんなことなかったように思うけど。昨年は早稲田のフィジカルが凄くて、飛ばされてしまうメニーナの選手もいましたが今年はそんなことなかったように感じました。技術でカバー出来ている感じがした、準決勝で神奈川大学とPK戦まで行き白熱した試合を制したメニーナでしたが、後半PKで1点を返すので終わりました、でも後半GKと1対1になったり、後ろから飛び出してくる選手に上手くボールが渡りチャンスがあったので、惜しかったです。ここで点を取られない粘り強さが早稲田の強みなのかもしれません、後半のラストに昨年の十文字高校のスピードスターでキャプテンだったの蔵田さんが出てきたりと層も厚いですね~

メニーナは中学からほぼ同じメンバーで中高生メンバーですが、ここまで上り詰めて来るんだから、さすがの実力ですし、やはり個々の技術がしっかりしていますU17代表も多いです、女子の場合、中高生でも大学と渡り合えるってことも解りますね。
中高生は大学生ほど筋肉もついてないから、疲労回復も早いと思います、この頃は疲労回復が勝負の鍵を握るのでは?と感じています。

=============================
サッカー、かけっこ、球技専用スプリント、瞬間的スピード走法も学べる
ボディーワークレッスンをおこないます

ストレッチやボディーワークで怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることもできます!世界に通用する動き作りの育成をします
現状を超える今より速く走るためのレッスン!瞬間的スピードを上げる!

レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声)
プロフィール 
kitasaneiichi@gmail.com
ラインIDkitasaneiich
メールは夜10時30ぐらいできります
球技専門スプリントの短い距離だけでなく
50m用の練習も出来ます。
プロフィール↓
https://profile.ameba.jp/me

2018年9月22日土曜日

皇后杯関東予選、日体大VS早稲田、日テレメニーナVSジェフユナイテッド千葉U18 女子サッカー

 皇后杯関東予選、日体大VS早稲田、日テレメニーナVSジェフユナイテッド千葉U18
早稲田大学対日体は2ー0で早稲田の勝利、メニーナ対ジェフは3ー2でメニーナ、ジェフは後半2点取り返して惜しかった。先週と同じく今日も雨スタートでした。午後になると初夏を思わせる天気に変わりました。
勝利した早稲田、神奈川、メニーナと大東文化大学は皇后杯の本戦へ出場が決まりました、7位までは行けるそうなので明日準決勝と順位決定戦があります。
日体大サテライトVS早稲田、早稲田がフリーキックから2点奪って勝利しました、早稲田はやっぱり強いな~と感じます。日体も惜しい場面もあった、後ろからの抜け出しから惜しいシュートの場面もありました。17番の選手(以前モニターレッスンに協力してくれた)の速いドリブルなども見れた、スタンドの応援団から速~と声が上がっていました。でも、まだまだスピードを生かしきれてないように見えました。あと全体に言えることですが柔軟性を身につけるとよいかな~と思います。
日テレメニーナVSジェフユナイテッド千葉U18、大学にPKで勝ったメニーナとチャレンジリーグに勝ったジェフの一戦です。結果は3-2でメニーナの勝利、後ろから走ってきたメニーナの選手に気ずかなかったのか?ジェフのペナルティエリアの前で奪われて、わりと簡単にメニーナが先制!ジェフDFの連携ミスかな。ここからなんだかメニーナの個々の能力やスピードが上回りはじめて、10番菅野がペナルティエリア内の左サイドで華麗に切り返してシュート!、GKが足ではじいたものの、メニーナが2点目をゲット!
やっぱりメニーナ10番菅野は上手い、ボールを持っても奪われないでパスを出してくれるので、ジェフ側はもっとプレス、プレッシャーをかけてフリーにさせないようにしないと駄目だったかもしれませんね。上手い選手はボールを奪われないし身体に柔軟性があります、柔軟性のメソットも近いうち紹介したいと思っています。
メニーナはパスもワンタッチツータッチで回しはじめて余裕が出てきたようにも見えました、パスをもらう前にフリーになる動き、グランドを広く使う動き、裏をつく速さなど上手かったな~、このまま終わるのかな?と思いきや後半30分ぐらいにジェフが1点を取り返し、さらに同点まで持っていき、あれ~メニーナの動きが少し落ちたかな~と感じました、それでもすぐにメニーナの大山かな?ミドルシュートで逆転しました。そのまま3-2でメニーナの勝利!ん~ジェフは惜しかったな~
後半ラスト15分ぐらいで、もっとダッシュ力のある選手が入ってくれば、チャンスが増えたかもしれない、ジェフもまだ本戦出場チャンスがあるので頑張ってほしい。ジェフは監督が前に出てこないのがいいですね。
夏のウーマンスーパーリーグで藤枝順心高校は両チームに勝ってるんだよね、やっぱり順心は強かったんだ~と感じる、その順心をインハイで破った常盤木はもっと強いってことかな。

=============================
サッカー、かけっこ、球技専用スプリント、
ボディーワークレッスンをおこないます

ストレッチやボディーワークで怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることもできます!世界に通用する動き作りの育成をします
現状を超える今より速く走るためのレッスン!瞬間的スピードを上げる!
レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声) 
kitasaneiichi@gmail.com
ラインIDkitasaneiich
メールは夜10時30ぐらいできります
球技専門スプリントの短い距離だけでなく
50m用の練習も出来ます。
スピード、クイックネスについてしっかりレッスンします
球技にかかわる選手に向けては
陸上のコーチが教えるものとは違いますよ
速い選手もコツをつかみ努力しだいで速くなります
かけっこ、スプリントのみの場合は指導料は安くなります
怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることも出来ます!

2018年9月20日木曜日

セレクション、練習会情報(浦和レッズレディース、ちふれASエルフェン)

セレクション、練習会情報を更新しました
(浦和レッズレディース、ちふれASエルフェン)
埼玉の2チームが募集を開始しています、浦和は応募締切が9月20日の今日
エルフェンは9月27日で近ずいてきましたので、こちらにも書いておきます
セレクションの日程は10月1日で同じなので本気で入りたい方を受験しましょう
最近はどこのクラブも早めにセレクションをやったり、同じ日に開催したりしています、記念受験を許さないクラブも増えてきました。

浦和は身体能力のテストもありますので、しっかり準備しておきましょう、将来性やユースにつながるような選手を好むのではないでしょうか?将来性の中にはもちろん技術の高さなどはあると思いますが、伸びしろがあるかどうかも見られるかも
面談などがある場合は本気で入りたいか?などを見られると思います。
ジャンプや走力テストなどもあるようです、パーソナル(個人)レッスンで、お手伝いをしますので御連絡ください。走り(スプリント)を中心にレッスンをした選手が浦和レッズレディースに合格しました夏の全国大会でも活躍していましたよ。
中学生(ジュニアユース)からユースに上がるための準備などでも構いません
足の速い一流スプリンターの腕振りなども伝えます、後悔をする前に是非連絡してください。怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることもできます!

速く走る方法については、まだまだ練習方法ばかりが広がっている状況で、
なぜその練習を行うのか?本当にその練習でいいのか?という部分がおろそかになっている節があります、もっとやれた、そんな後悔はもうさせません。

スクールやかけっこ教室などでも教えてくれないコツを伝えます、もちろん走り以外にサッカーに必要なものも、惜しみなく伝えます。

他のセレクション情報は↓のページに書いてあります
http://eiichikitayama.blogspot.com/p/hp-httpswww.html

=============================
サッカー、かけっこ、球技専用スプリント、
ボディーワークレッスンをおこないます
怪我を予防し、なおかつパフォーマンスを最大化させることができます!!
レッスン依頼↓
申し込みフォーム 
(スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
(喜びの声) 
kitasaneiichi@gmail.com
ラインIDkitasaneiich
メールは夜10時30ぐらいできります
球技専門スプリントの短い距離だけでなく
50m用の練習も出来ます。
スピード、クイックネスについてしっかりレッスンします
球技にかかわる選手に向けては
陸上のコーチが教えるものとは違いますよ
速い選手もコツをつかみ努力しだいで速くなります
かけっこ、スプリントのみの場合は指導料は安くなります
かけっこは小1からOKです
関東を出る場合は女子優先です
継続されるかたのみViprを使ったレッスンも始める予定です、いつもの軽い紐から負荷を増やして、今まで以上に動きをよくします、Viprは認定資格を所持している者しか正式なものを購入できません、さらに教えることも出来ません。正、あまりにも重いやつは使いませんので安心してください。
Viprは↓の写真のようなやつです、写真のやつは6キロかな。
痩せたい身体を引き締めたいと考えている方にも良いアドバイスをします。
1つ言えるのは体の血流を良くするために、まずは体を柔らかくすることです。血流がよくなることで、代謝が良くなり痩せやすくなるのではないでしょうか?

喜多山