2018年2月14日水曜日

2018年東京都高校女子サッカー新人戦、準決勝、修得高校VS飛鳥高校

今年も早いもので東京都女子高校サッカーも準決勝まできましたね、修得高校VS飛鳥高校、十文字VS村田女子、今年もこの4強でしたね。
1試合目の修得高校VS飛鳥高校だけ観戦しました、午後はガールズスクールFCプルメリアplumeriaの練習があったため観戦しませんでした。
飛鳥は右サイドを簡単に破られることが多く、修得はサイドをやぶりチャンスを作っていた、飛鳥1人1人のDFが遅れているように見えたし、いつもみたいに前からガンガン行っていなかった。修得が行かせていなかったのかもしれませんが、成立戦で活躍した10番も消えていましたね。結果は3-1で修得の勝利でした、今年の修得も安定してますね~、十文字VS村田は観戦していませんが、1-0で十文字が勝ったようなので、
決勝は今年も修得VS十文字になりました。なかなか時代が変わらないな~
多くの観客がきてました、やっぱり全国女子高校選手権は関東や東京でやるべきだと感じます。観戦していてもレッスンをしていても感じるのは女子選手は切り返し、ターンや方向転換が遅いと感じるので、スクールやレッスンでこのあたりをもっと練習したいと感じています、女子チームの女子コーチや女子監督では解らないことだと思います、僕は女子と男子の指導もしているし統計もとっています。
世界へ送り込める選手の育成をします。

疑問、質問、サッカー個人、少人数レッスン,
スプリントレッスン(かけっこ)、ガールズスクール(FCプリメリア)の申し込みは
レッスンに興味がある方は↓

申し込みフォーム
http://ws.formzu.net/fgen/S60804379/ (スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
個人レッスン喜びの声
U15,18ガールズスクール
球技で使えるスプリントスクール
TVで取材を受けた時の映像(トラストユナイテド時代)
https://www.facebook.com/dreammaptips/(フェイスブックページ)
スポーツチャンバラも教えます
kitasaneiichi@gmail.com
なるべくフォームを使ってください
日本一解りやすい指導を心がけています
実践で使えるものを紹介します
練習をした選手、誰もが驚くなっとくの行く理論です
走りを中心に練習をした選手がJFAアカデミーや浦和レッズレディースに合格しました
魔法のストレッチも紹介します(ストレッチは低学年はやらないと思います)、

全国に出場した名門高校出身の女子大学生達も楽になった、
軽くなったと言っていました。このストレッチはいろいろ人に通用すると言っています
スプリント学会にも入会予定なので、走りについては今後も研究していきます
根拠のないゴシップではなく
実践経験で習得した確かな知識と理論と情報を提供します。

メンタルコーチの荒木さんが言っていました「勝ちたいという気持ちが強いから勝てるわけではない。他人より勝ることを目指すなら、そのプロセスを充実させる。準備してきたことが正しければ、あとはそれを出しきる。出しきるスキルも必要」人類最速の男と言われる100メートル世界記録保持者ボルトのコーチも似たようなことを言っていました。僕もプロセスを大事にして、未来につながる今をテーマに指導をして行きます

ViPR認定インストラクターを取得したので、ファンクショナルトレーニングなどによる体作りについてや、神経系トレーニング、1歩、2歩の速さについてのレッスンも変わって行くと思います。
もちろん年齢や学年により変わっていきますが!!

0 件のコメント:

コメントを投稿