2017年5月27日土曜日

インターハイ(高校総体)東京都予選、成立学園VS都立駒場、早稲田実業VS実践、駒大校VS修得

インターハイ予選も1次予選、決勝です、成立学園VS都立駒場、早稲田実業VS実践、駒大校VS修得の3試合、成立だけ見て帰ろうかと思いましたが、やはり気になるので残りました。
成立学園VS都立駒場、3-1で成立の勝利、前半、コーナーのこぼれ玉を拾い駒場がシュートで先制、前半は1-0のままで終わりました、成立の方が攻めているようにも見えましたが、なかなか壁をこじ開けることができなかったようです、後半、サイドから上げたボールをヘットで同点に!、このあたりから成立のワイドで広げながら連携していくサッカーが上手く行き始めているように感じました。駒場は前半頑張り過ぎたかな?なんかポゼッションをしてくるチームに対するチームはいつも同じ感じになるので、後半の入り、中盤に気力体力を落とさないフィジカルが必要かも知れませんね。スプリントのことをもっと研究したいと思います
成立の応援団を見ていて感じたことがあります、コーチが直接注意をしたり指示をせずにリーダー的な人物に指示をして、リーダーがほかの選手に指示をだしていたり、注意をしていた、頭にタオルかけないで~とか、もう少し中によってーとか。これはボトムアップ理論の1つなのでは?と思いました、ときどきコーチは「集中していくぞ」とか激を入れていましたが、基本選手が指示をしていました。だらだらしている選手や、まだまだピクニック気分の下級生がいるのかな?、ちゃんとやってーとか言われていましたが「やっている」とか口答えしている選手もいたみたいだしね。
こうやって、名門高は人間性が鍛えられて行くのかな?
早稲田実業VS保善、5-2で早実の勝利、T2リーグの時は早実が前半から勢いがありましたが、今回は保善が前半からエンジン全開でしたね、Tリーグ時には見られなかった、つないでつないで、ゴールを目指す姿が見られましたが、これも前半のみだったようです、早稲田はセットプレーを上手く生かしていましたね、コーナーやフリーキックで蹴らなければならない場所を解っているように見えました。フリーキックを直接決めたり、セットプレーが上手な学校ですね。保善はフィジカルをしっかりと鍛えているはずなんだけど、、最初に飛ばしすぎたかな?もちろん技術、戦術の差もありますが、本当にサッカーは難しいです。
修得VS駒澤大高は1-2で駒澤の勝利、修得は相変わらずフィジカルが凄いね、おもいっきりスライディングなどにも行ってたし。外にボールを出す時も、おもいきり蹴ってたしね。
この結果2次予選1回戦で成立学園VS駒澤大高の因縁の対決です。

サッカー個人レッスン、スプリントレッスン、ガールズスクールに関しては
気楽にご相談ください

http://ws.formzu.net/fgen/S60804379/ (スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
http://eiichikitayama.blogspot.jp/p/blog-page_25.html (喜びの声)
http://dreammap.webnode.jp/
kitasaneiichi@gmail.com
ラインID、kitasaneichi(パソコンでも出きるようにしました)
ラインの方もメールアドレスや名前を書いてください。(必ず)
ラインで連絡をもらっても良いです、でもワイファイ専用なので返事は遅れます、
なるべくフォームを使ってください、
メールのうち間違いに注意してください、メールをしても戻ってくる方がいます
ラインは最初のきっかけと外に出た時の連絡ぐらいになると思います
今なら女子選手にはサービス価格があります(お早めにどうぞ)

フェイスブックページ↓
https://www.facebook.com/dreammaptips/
いいねを押してくだいね、あまりこちらにはいろいろ書きませんが
雰囲気は感じられるようにしたいと思っています
中学、高校、大学生の方などが直接連絡をする場合
ラインで連絡をもらっても良いです、でもワイファイ専用なので返事は遅れます、
なるべくフォームを使ってください
土日は要相談です、午前のスタートも要相談です
スプリント(かけっこ)レッスンのみの依頼もお待ちしています


0 件のコメント:

コメントを投稿