2017年5月16日火曜日

本気とゆう言葉を軽く使ってませんか?

板橋のクラブの手伝いに行って来た、代表は高校を休んでイギリスへ行った人です、話を聞いたら、イギリスにいる時に当時U17日本代表監督から手紙をもらい日本に戻って来ないかと言われたそうですが、日本には興味がなかったから捨てたそうです、留学経験者達から、いろいろ聞いてると、自分はなんてちっぽけな人間なんだろうと思ってしまう。若い選手は悔いなく、いろいろなことに挑戦してほしいな~と思いました、今しか出来ないわけだし。
本気とゆう言葉を軽く使わず、本気で何かをやる為にはどうしたら良いのか?いろいろな方に相談をしてよい方向に進めるようにしてほしいです。努力の仕方を間違えないようにしましょう

高校卒業してから、もう1度いったみたいだが、怪我で日本に戻って来たときも日本のサッカーに興味がないから、普通に就職をしたそうです。普通日本人ならだらだらとチーム探しなんかをしてるところですが、きっぱりとやらない所も心が鍛えられてますよね。
チェルシーなどの練習に参加したことのある代表に頼りにされることはありがたい、僕は凄い選手経験がないし今更張り合っても仕方ないので、違うことでアピールしていきます。

彼が知らない多くの指導現場を経験してきたし、Jリーグチームのスクールでも経験したし、陸上クラブチームでも経験しました。かけっこアドバイザーも取得したし走りの指導に関しては負けてないと思います。そう言えば練習帰りに疲れない走り方などについてなど代表独自のことも教えてくれました。長友なんかもこう走っていると言っていた。

レッスンでは疲れない走り方や往復の走りこみ練習の時も疲れずに
早く走りこめる方法なども紹介しますし、走る時に大切なことを、どんどん紹介していきます。
秘密用具も使います、低学年などは普通のかけっこ練習を教えます
(学年が上の世代に限ります)
たぶん、陸上のクラブチームや普通のかけっこ教室などではやってないのではないでしょうか?
でも、最終的には自分に合う走りを自分で見つけることが大切です

話は変るけど練習の時に感じるのが、動かないマーカーやコーンに当たる選手が多すぎる
意識が違うんだと思いますが、もっとこの辺を考えないと育成にならないと思いますよ。
コーンに当たってへらへらしているようでは上手くはなりません。
選手を一流に育てるのに大切なのは、ひとりの大人として規律正しく礼儀正しく、
何事にも向き合う姿勢を持たせることが 、とても大切です。

昔、文京区のチームのコーチに、中学か高校の時にドイツでプレーをしていた者がいてU15代表候補に選ばれたと言っていた、もしかしたら海外でプレーしている選手は協会は気になるのかもしれないね。彼はクラブでは監督達に人間性を疑われていて気の毒に感じていた。B級なんだけど僕の補助になったりすることもありました、何故なら苦情がきたりしたからですが、知識はあるので、僕は頼りにしていました。ライセンスの知識が人間性の良さにはつながらないと言うことでしょうね
あと、クラブが求めるものに対して、正確に動ける人でないとプロにはなれないのかもしれませんね
勘違いしていると思いますが。

サッカー個人レッスン、スプリントレッスン、ガールズスクールに関しては
気楽にご相談ください

http://ws.formzu.net/fgen/S60804379/ (スマートホン対応、パソコンでも出来ます)
http://eiichikitayama.blogspot.jp/p/blog-page_25.html (喜びの声)
http://dreammap.webnode.jp/
kitasaneiichi@gmail.com
ラインID、kitasaneichi(パソコンでも出きるようにしました)
ラインの方もメールアドレスや名前を書いてください。(必ず)

ラインで連絡をもらっても良いです、でもワイファイ専用なので返事は遅れます、
なるべくフォームを使ってください、
メールのうち間違いに注意してください、メールをしても戻ってくる方がいます
ラインは最初のきっかけと外に出た時の連絡ぐらいになると思います
女子選手にはサービス価格があります(お早めにどうぞ)
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/dreammaptips/
いいね!を押してくださいね、雰囲気を感じてください
中学、高校、大学生の方などが直接連絡をする場合
ラインで連絡をもらっても良いです、でもワイファイ専用なので返事は遅れます、
なるべくフォームを使ってください
土日は要相談です、午前のスタートも要相談です
スプリント(かけっこ)レッスンのみの依頼もお待ちしています


0 件のコメント:

コメントを投稿