2014年12月4日木曜日

TVのエキストラ、ネプリーグ

前回フェイスブックに書いたつずきで、今回は、もう1つTVは怖いと思った話、エキストラに登録をして2回ぐらい行った ネプリーグの、やるキッスだったかな?原田たいぞうさんと腕相撲をして、勝ったら、女性タレントからキスをしてもらえるとゆう企画です、女性タレントが会場にいる男性達(エキストラ)に電話をかけて、鳴った人が舞台にあがり、腕相撲の勝負を挑む訳です。

これもアヤパンの時と一緒で、リハーサル室へ行き、スタッフと打ち合わせがあります、まず腕相撲をやりたい人やネプチューンと絡みたい人が別室へ連れて行かれます、実は電話がかかってくる人は、この別室組みだけなんです、他の人たちは電源を切っているのです。

リハーサル室で、練習が始まります、タレント役のデレクターさんが「みんな~かけるよ~」と
言ったらキスキスといいながら携帯を上にあげる、そして誰かの携帯がなったら自分の携帯を見たり周りを見ます(笑い)そんな練習をくりかえし、みな靴を脱いでスタジオまで向かいます

原田たいぞうが腕相撲に勝った場合花道を歩くから、みなそこに登るとゆう設定でした、2回目からはなくなりました(確か)、素人参加型番組なので、本番が始まるとまず、ネプチューンのお客いじりが始まります、別の部屋へ行った人たちは舞台のそばにいるので、メガホンで叩かれたり、ほりけんにいじられたりしてましてましたが、僕の友人も髪の毛がサラサラすぎて、つっこまれていました。こゆうのはほぼ使われません
エキストラ界の超有名なカンペイさんがインリンから「かんぺーさ~ん」と呼び出された時の回は物凄く盛り上がりました、基本的にエキストラのベテランの人は嘘が上手いです

他にもガチンコの話、さんまのからくりTVなどいろいろあるけど、そのうち書きます。
でも自分が嬉しかったのは、格闘技が好きなのでプロレスラーの騎馬戦やタレント同士のレスリング大会やボビーVSグレイシーの対決を、さんまのからくりTVでやったとき、ディファ有明で見れたのも嬉しかった。

ちょと内容のずれた話を書いてしまったので、次からは、元に戻しますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿